正しい洗顔のためには、マイルドな洗浄力で肌に合った洗顔料を選ぶ…

顔を洗うときには、まずはぬるま湯による予洗いから…

ニキビ跡が目立つ肌は嫌なものです。

しかし、だからといってゴシゴシ洗ったり、ピーリングなどのお手入れをやり過ぎてしまうのは逆効果になります。

ニキビ予防のためにも、ニキビ跡を改善するためにも、正しい方法による洗顔が一番良いです。

毎日行うことですから、間違ったやり方をしているとダメージに繋がります。

逆に正しい方法で行えば肌は確実に変わっていきます。

焦らず、正しい洗顔を行いましょう。


正しい洗顔のためには、肌に合った洗顔料を選びましょう。

洗浄力の強すぎる洗顔料は、肌への刺激も大きくなります。

ピーリングができるようなものを毎日使うのはよくありません。

ニキビができるような肌はもともと弱っていますし、ニキビ跡が気になる肌も丈夫とはいえません。

マイルドな洗浄力で肌に合ったものを選ぶようにしましょう。


洗顔後に使うタオルも大切です。

清潔で柔らかいものを用意しましょう。

正しい洗顔方法としては、まずは手を洗うところから始めましょう。

手が汚れていると、肌に汚れを擦り付けることになります。

洗顔料の洗浄力を手の汚れ落としに使うのも勿体ないですから、手は先に洗って清潔にしましょう。


ぬるま湯を使うことも大切です。

熱すぎるお湯や、冷たすぎる水はよくありません。

適度な温度のぬるま湯を使い、汚れを無理なく落としましょう。

顔を洗うときには、まずはぬるま湯による予洗いから始めます。

この段階で落とせる汚れを落としておきましょう。

そうすることで、洗浄力の高い洗顔料を使わなくても、無理なく汚れを落とすことができます。


洗顔料は手でしっかりと泡立ててから顔に乗せていきます。

なるべくしっかりと泡立てるようにしましょう。

そして、泡に汚れを吸い取らせるイメージで洗っていきます。

肌をゴシゴシこするような洗い方をしてはいけません。

無理なく汚れを落とせるように、優しく洗いましょう。


すすぎも重要です。

すすぎ残しも肌のダメージに繋がるからです。

しっかりとすすいで肌に汚れを残さないようにしましょう。

泡が残りやすい生え際やあごなどは、特に念入りにすすぐよう心がけましょう。


洗い終わったらタオルで水気をふき取ります。

ゴシゴシこすったりしないよう注意しましょう。

水気だけをタオルに吸い取らせるイメージでふくとよいです。


洗い終わったら、なるべく早く化粧水などをつけてスキンケアをしましょう。

洗いっぱなしにしておくのはよくありません。

洗う回数についても注意しましょう。

一日二回、朝晩が基本です。

洗い過ぎは逆効果になりますので、適度な回数に留めるようにしましょう。



ニキビ跡に効く化粧水ランキング

ニキビ跡に効く化粧水ランキング


このページの先頭へ

トライアルセット生活