ニキビ跡は種類によってケア方法も異なる…

ニキビ跡の種類は3つ…「赤みの跡」「色素沈着」「クレーター状の跡」

ニキビの炎症は治まったのに跡が残ってしまった経験のある方は多いのではないでしょうか。

実はニキビ跡は一つだけではなく、その種類によってケア方法も異なるのです。


ニキビ跡の種類は3つあります。

最も多く見られるのが「赤みの跡」です。

ニキビ跡が残るのは、炎症が起きることで肌にダメージが残るからです。

ダメージを受けると肌は再生機能により自ら治そうという働きを起こし、ダメージ部分に毛細血管が集中します。

そこでうっ血を起こした状態が赤みのニキビ跡なのです。


赤み跡と似ているニキビ跡が茶色く色の残ってしまった「色素沈着」です。

これはうっ血部分に紫外線があたることでメラニンが生成されたために起こるもので、シミと同じような存在です。


そして3つ目の種類が「クレーター状の跡」です。肌に凹凸が残っている状態で、この場合は色味は無いことが多いです。

このクレーター状の跡は最もニキビが悪化した時に起きる跡です。

皮膚の奥にまでニキビの炎症ダメージが及んだ状態にあり、深いクレーター状になってしまったニキビ跡になるとホームケアでの治癒は困難となりますが、皮膚科で治療を受けることで改善することはできます。

治療にはコラーゲンを生成するレーザー治療や塗り薬、ピーリングが有効です。

浅いクレーターであればホームケアでも治る見込みはあり、その場合は肌のターンオーバーを促進させることが最も重要となります。

ターンオーバーとは肌の再生機能で、正常な状態の肌はおよそ1カ月で生まれ変わり続けます。

肌の角質層まで届く浸透性の高い化粧水を使用して、肌をしっかり保湿することにより正常なターンオーバーが成されるようになり、徐々にクレーターが薄くなっていきます。


赤み跡や茶の色素沈着についても消すにはターンオーバーの力が不可欠です。

肌の栄養となるビタミンC配合またはビタミンC誘導体が配合された化粧品を使用することも有効です。

クレーターのケアと同じく、ターンオーバーを正常に機能させるには肌の水分量をしっかり保つことが重要です。

そのため、洗顔後の保湿は最も大事となり、セラミドなど水分保持機能の高い成分が配合されている化粧品を使用することも効果的です。


また、肌のターンオーバーのためには規則正しい生活が必要不可欠です。

特に睡眠は肌機能を高める最高の治療薬という言い方をされることもあり、十分な睡眠は肌の再生を促してくれるので化粧品と生活習慣とWのケアをすることがニキビ跡を消すことの近道になります。



ニキビ跡に効く化粧水ランキング

ニキビ跡に効く化粧水ランキング


このページの先頭へ

トライアルセット生活